パース

5F+F ※工事中

5F+F(ファイブフロアープラスエフ) 2022年竣工予定
高低差のある敷地での計画。
敷地の形状に逆らわず、合わるように、室内をスキップフロアにて設計しています。
5層に分けた床高が、敷地の高低差を緩やかに吸収しながらも、1階と2階の距離感を縮め、家族を繋げてくれる空間としてくれました。
タイトルはクライアントの頭文字がFだったので、5つの床(Floor)とこちらも繋げて5F+Fとしています。

CATEGORY